【対策】資金ショート寸前、起こるとどうなる?10の解決策や回避する方法は?

資金ショートした時の解決方法 お金を作る
ラムオ
ラムオ

会社の倒産に関わる「資金ショート」。

もし、資金ショートが起きてしまったらどうなるのでしょうか。
解決策や回避する方法について詳しく解説します。

資金ショートを防ぐためにできるたった2つのこととは?

経営者がもっとも避けたい状況は「資金ショート」でしょう。
経営に必要な資金(現金)がない状況をあらわします。

待っているのはなんでしょうか?
そう「会社倒産」です。

「倒産」の直接原因は「資金ショート」にあります。
健全経営を続ければ無縁なはず。
しかし、世の中なにがあるかわかりません。

さっそく概要と対処法をレクチャーしましょう。

資金ショートが起きた時の解決策資金ショートの解決策 おすすめのファクタリング業者おすすめのファクタリング

資金ショートとは?原因は?起こるとどうなる?債務超過と赤字の違いも

ラムオ
ラムオ

そもそも資金ショートって何ですか?

ウルフさん
ウルフさん

現金資金が不足している状態のことだな。

「資金ショート」の意味を正確に理解していますか?

言い換えれば、いわゆる「金詰まり」ですね。

つぎの項目で「原因」や「引き起こされる事態」を解説します。
また「債務超過」「赤字」との違いもふれましょう。

資金ショートの意味は?資金ショートするとどうなる?その後は?

資金ショートとは現金資金が足りないこと

あらためて「資金ショート」の意味を考察します。

ここでいう資金とは会社の「現金資金」
経営上の必要資金ですね。
ショートは足りない状況を指します。

合わせて考えてください。
そうです。
「資金ショート」とは、現金資金が足りない状況を表しています。

この状況に陥ると、仕入れ先への支払いができないばかりか従業員への給与も滞る(とどこおる)ことに。

仕入れ先は納品を控え、支払いを催促するでしょう。
従業員は働く意欲を失い、経営者に給与支払いを迫ってきます。

これでは会社経営を続けられません。
必然的に「倒産」となります。
お分かりですね。

ラムオ
ラムオ

資金ショートしちゃうと倒産するんですね。

ウルフさん
ウルフさん

会社経営を続けられないからな…。

資金ショートする原因とは?

資金ショートする原因

「資金ショート」の原因はどのようなものでしょうか?
原因別に解説をしましょう。

原因1.資金繰りの悪化

経営者が資金の運用をまちがえれば起こりうる原因です。
売上入金に対して仕入れ先への支払いや従業員給与分のバランスがくずれると、資金繰りは急速に悪化します。

原因2.売上回収が予定通りいかない

「資金ショート」となる原因の代表格。
経営上黒字であっても売掛金回収がすすまなければ「資金ショート」に陥ります。
取引相手(販売先)が大口なら、売掛金の未回収は問題ですね。

原因3.予期せぬ売上ダウン

資金繰りを考える際は、売上の予定を立てるもの。
売上の予定が大幅にダウンすると、支払い計画が大きく狂います。
最近では、会社の内部事情(不祥事)拡散で思わぬ影響を受けることに。
経営者はあらゆる責任を負うものです。

原因4.予期せぬ大きな出費

中小規模の会社経営において想定外の出費は「資金ショート」の直接原因になりえます。
計画的な設備投資ならともかく、根幹をなす設備に突発的故障が発生した場合は補修を余儀なくされるでしょう。
ここで発生した補修費が会社経営を圧迫します。
社用車などの事故補償も想定外の出費ですね。

キャッシュフロー計算について

会社の資金量を見るうえで「キャッシュフロー計算」は重要です。
「キャッシュフロー」とはお金(現金)の出入り。
資金量の把握に必須となります。

資金ショートは、黒字経営している企業でも、その支払いと回収バランスの乱れなどによって起こり得ることです。キャッシュフローを意識し、健全な資金繰りを行うことが大切です。

引用元:シゴ・ラボ「「資金ショート」|経理用語解説

会社の経営状態を見るなら「損益計算書(PL)」と思いましたか?
たしかにそのとおりです。
「黒字」「赤字」の判断に有効ですね。

しかし、これは「売掛」や「買掛」を含むもの。
「現金の量」をあらわしていません。
ちがいを理解してください。

「キャッシュフロー」は「より現実的」。
具体的な「キャッシュ量(現金)」の把握が大切です。

資金ショート・債務超過・赤字の違いは?

債務超過と赤字と資金ショートの違い

ウルフさん
ウルフさん

黒字でも資金ショートすることがあるんだぞ。

ラムオ
ラムオ

黒字でも現金が手元になくて倒産しちゃうことがあるんですね…。

「資金ショート」「債務超過」「赤字」はどれも会社倒産の引き金となるもの。
それぞれの意味を正確に理解してください。

まず「資金ショート」は前述どおりです。
手元の現金がなくなって会社経営がなりたたない状態を指します。

いっぽう「債務超過」と「赤字」は「即倒産」になりません。
これを知るためには「財務諸表」を理解する必要があるでしょう。

会社の経営状態をみる「財務諸表」は「賃借対照表」と「損益計算書」からなります。
一定時点における財政状態をみるのが「賃借対照表」。
かたや「損益計算書」は一定期間における経営成績を表します。

これでお分かりでしょう?
ある時点における「賃貸対照表」で負債額が資産を上回った状態、これが「債務超過」です。

そして「損益計算書」であらわされる、一定期間(半期や1年など)の経費が収入を上回った状態、これが「赤字」となります。

「債務超過」も「赤字」もすぐに会社倒産とはなりません。
その理由は当面の支払いが可能だから。

危険なのは「資金ショート」です。
こちらは当面の支払いができません。
前述のとおり、仕入れ先や従業員へ支払いができなければ倒産ですよね……。

資金ショートした時の手順

万一「資金ショート」した際にはどうしたらよいのでしょう?
順を追って説明します。

1.冷静になって今の状況を確認する

まずは落ち着こう

ラムオ
ラムオ

資金ショートしたら倒産するんでしょ!?

どうすることもできないんじゃないですか~!!

 

ウルフさん
ウルフさん

待て待て!

資金ショートしても打つ手はあるんだ。

まずは落ち着いて、できることから実行していこう。

「資金ショートだ!」
考えたくない状況ですね……。

会社経営が破綻寸前にありますから、だれしもパニック状態に陥るでしょう。

ここは冷静になって対処したいもの。
打つ手がない、ということはありません。
経営者として「腕の見せどころ」ではないでしょうか?

あわててしまう気持ちはわかります。
しかし、それでは的確な対処ができません。
まずは「落ち着く」ことを第一に考えてください。

2.日繰り表を作成する

「資金ショートが迫っている……」
では、具体的にいつ「資金ショート」するのかを正確に把握していますか?

もし「月繰り表(月単位の入出金管理表)」しか作成していないなら、「日繰り表(毎日の入出金管理表)」作成に着手しましょう。

大まかなお金の流れでは不十分です。
細かな部分に着目してください。
「日繰り表」を作成すれば「資金ショート」する日が理解できるはず。

正確な資金繰りは大切です。
経営者自身の手で、落ち着いて計算しましょう。

3.緊急事態について社員に伝える

緊急事態について社員連絡する

「資金ショート」は会社の一大事(いちだいじ)。
経営者だけの問題ではありません。

全社一丸で解決を図らなければ、問題を突破できないでしょう。
会社規模によりますが、社員と情報共有が大切です。

注意したいのは「若手社員」。
自暴自棄になるどころか、情報漏えいも注意が必要です。

第一段階は「幹部クラス」「リーダー」「マネージャー」などへ伝達してください。
できれば面談スタイルで正確な情報を伝えるようにしたいもの。

それぞれの部署でリーダーシップを発揮してもらわなければなりません。
「強いことば」「強い気持ち」が大切です。

ラムオ
ラムオ

社員全員に伝えるわけではないんですね。

ウルフさん
ウルフさん

いきなり全員に伝えるとパニックになるからな。

悪い噂も外部に広まってしまうだろう。

まずは、幹部クラスから伝えよう。

 

4.手形や小切手の支払いは最優先

「資金ショート」が迫ったら、支払いの優先順位をしっかりたてましょう。

「現金」がないのは分かります。
しかし、なんとしても「手形」「小切手」に対する支払いは工面しなければなりません。

その理由は銀行取引停止をふせぐため。
半年で不渡りを2回だせば銀行取引停止となり「倒産」を余儀なくされます。

ここはどのような方法を使ってでもしのいでください。
個人的な貯金を切り崩してでも、幹部に借金してでも、「手形」「小切手」支払いを漏らしてはいけません。

資金ショートした時どうするべき?10の対策方法

「資金ショート」が目前に迫っている……。

経営者としてうつべき手はあるでしょうか?

その答えとして、有識者が提唱する「10の対策方法」を解説します。
ケースバイケースで取り入れてください。

ウルフさん
ウルフさん

ここからは具体的な対策方法を10紹介するぞ!

ラムオ
ラムオ

資金ショートしても、10も対策方法があるんですね!

 

1.コストの削減をする

コストの削減

ラムオ
ラムオ

はじめにコストの削減が必要なんですね。

 

ウルフさん
ウルフさん

ああ、だがコスト削減にも順番があるんだ。

全部一気に削減して良いわけじゃないぞ!

まず「コスト削減」に着手しましょう。

 

 

注意したいのは削減の順序。
一律に削減したらよいものではありません。

社員全員に経営者責任を示す必要があるでしょう。
(会社規模による)
そのため経営陣みずから報酬のカットをするべき。
カット額を明確に示してください。

ちなみに事業年度途中の「役員報酬の変更」は原則認められていませんね。
しかし、経営悪化予想にあるケースは話が別。
「業績悪化改定事由」該当として減額および損金算入が認められます。

次にできるコストの削減は以下の通りです。

  • 赤字事業から撤退する
  • 変動費を圧縮させる
  • 固定費の見直し

赤字事業から撤退する

つぎに「赤字事業から撤退」を断行してください。
「資金ショート」から脱却するために一刻も早くやめなければなりません。

続行可能は現金を生む事業のみ。
長い目でみることはできないのです。
一分一秒を争っていますよ。

「赤字事業・切り離し」は大きな「コスト削減」となるでしょう。

変動費を圧縮させる

つづいて着目するのは「変動費」です。
ちなみに「変動費」とは「原材料費」や「仕入原価」のこと。
ここをなんとかしたいもの……。

現状の在庫で当面を賄えませんか?
より安い仕入れ先はありませんか?
材料を見直せませんか?

「変動費の圧縮」は「コスト削減」に不可欠です。
理解してください。

固定費の見直し

そして「変動費」のつぎに「固定費」を見直しましょう。

「固定費」は売上にかかわらず必要なコスト。
この部分を圧縮できれば効果大となります。

しかし「固定費見直し」はタイヘンです。
「通信費」「交通費」「光熱費」「接待交際費」などの削減は、営業や経営面にマイナス材料となるもの。
悪影響がでない範囲で取り組みましょう。

ここまでの「コスト削減」しても「資金ショート」を回避できないなら……。
いよいよ「人件費見直し」に着手しなければなりません。

注意したいのは「人件費カット」で「社員のモチベーション」が大きくダウンする点。
経営再建に障害となるのは分かりますよね。

多くの社員を抱えるなら「人件費カット」は「コスト削減」に直結します。
ただし余波の大きさを考えてください。

慎重のうえに慎重を期さなければなりません。
安易な見直しは「命取り」ですよ。

2.資産の売却をする

資産の売却

ラムオ
ラムオ

次は資産の売却で現金を作るんですね。

ウルフさん
ウルフさん

最初に解説した人件費の削減よりも先に資産売却を行うほうが良いぞ!

「資金ショート回避」には、早急な現金確保が必要です。
資産売却が有効手段となるでしょう。

 

ちなみに「売却資産」は「個人保有」「会社保有」を問いません。
考えられる資産を列記します。

  • 不動産
  • リゾート会員権
  • ゴルフ会員権
  • 所有船舶
  • 社用車 など

これら資産は保有だけでコストのかかるもの。
それぞれの管理費なども削減できますから「一石二鳥」を狙えますね。

前項の「人件費見直し」を考える前に「資産売却」は絶対条件です。
早急に手を打ってください。

とくに経営者が個人利用する資産(クルーザー・船舶)などは売却を急ぎましょう。
会社資産登録なら「なおさら」です。

この部分に手をつけない経営者が多いとされます。
従業員からすれば、個人利用の会社資産は目立つもの。
給料ダウンを優先されてはたまりません。

また金融機関も経営者の行動に着目します。
遊休資産などの売却がすすまない経営者は資質を問われることに……。
融資依頼・相談にのってもらえませんよ。

3.入金を前倒しできるか相談する

入金の前倒しを相談する

ラムオ
ラムオ

入金の前倒しなんてできるんですか!?

ウルフさん
ウルフさん

最初から諦めずに、ダメ元でも取引先に相談する価値はあるぞ!

繰り返しますが「資金ショート」は現金の不足です。

 

「入金タイミング」が早まればしのげるはず。
この点をよく考えましょう。

 

経営者の多くが「入金タイミング」を決まったものとしています。
はたしてそうでしょうか?

会社の一大事(いちだいじ)でしたよね。
長年お付き合いのある取引先(得意先)なら、相談する価値があるのでは。
状況を説明して理解を求めましょう。

少しでも「入金タイミング」を前倒しできれば「資金ショート」の回避につながります。
経営手腕の見せどころですね。

4.出金を待ってもらう

出金を待ってもらう

ラムオ
ラムオ

取引先に出金を待ってもらうなんて難しくないですか?

ウルフさん
ウルフさん

だが、倒産してしまえば余計迷惑がかかるぞ。

恥を忍んで事情を説明しよう。

「入金タイミング」と同様に「出金タイミング」も着目しなければなりません。
信用を失う行為ですが、背に腹は代えられないのです。

 

取引先は入金予定を延ばされるわけですから、よい顔をしないでしょう。
場合によっては取引先経営に悪影響を及ぼす可能性があります。

しかし「資金ショート回避」には手段を選べません。
こちらが倒産すれば取引先はさらなる困難へ……。

入金交渉や出金交渉は先方へ出向きたいもの。
状況を説明して理解を得てください。

5.銀行に交渉する

銀行に交渉する

ラムオ
ラムオ

そう簡単に銀行に交渉できるんでしょうか?

ウルフさん
ウルフさん

日頃からの付き合いが重要になってくるな。

銀行融資の返済スケジュールを交渉しましょう。
これを「リスケ」とよびます。

「リスケ」は「リスケジュール」の略。
「スケジュールの組みなおし」を意味しており、返済計画を緩やかにできれば「資金ショート回避」となりますね。

長年お付き合いのある銀行へ相談してください。
状況を理解してもらえるのでは?

ただし「リスケ」により「追加融資」は極めて困難となります。
緊急手段であることに間違いありません。
慎重に手段を選んでください。

一般的に「リスケ」で待ってもらえるのは一年間です。
一年を経過しても返済がすすまない場合は「再リスケ」が必要でしょう。

しかし「再リスケ」に応じてもらえる保証はどこにもありません。
銀行は経営改善計画の進捗状況をみます。
改善がみられない会社へ「リスケ」しないのは分かりますよね。

経営者はふだんから各方面との「おつきあい」が大切。
各方面とは「得意先」「仕入先」「取引先」「銀行」です。

いざというとき(会社の緊急事態)に助けてもらえるのは「おつきあい度合い」によるでしょう。

また、経営に対する「真摯な取り組み」も重要事項です。
銀行はこの点を重視しますよ。
くれぐれも改善計画を軽くみないでください。

6.ファクタリングする

ファクタリングする

ラムオ
ラムオ

ファクタリングってなんですか?

ウルフさん
ウルフさん

売掛金を利用してお金を借りることだ。

「ファクタリング」は「資金ショート解決策」に有効な手段。
その意味は「売掛債権を第三者へ売ること」です。

おすすめのファクタリング業者を今すぐチェックする >

 

じょうずに「ファクタリング」できれば、取引先や銀行に迷惑をかけずに「資金ショート」を回避できます。
夢のような解決策ですね。

また「公的融資」「銀行融資」では審査に時間がかかるもの。
「ファクタリング」は早急な資金調達に有効な手段となります。

さっそく「利用のながれ」をみましょう。

2社間ファクタリングの流れ

まず「2社間ファクタリング」から説明します。
「ファクタリング会社」へ申し込んで「信用調査」を受けてください。

実績・業績により買取率が決定。
条件が合えば売掛債権から買取料を差し引いた金額が「ファクタリング会社」より支払われます。

注意してほしいのは、売掛債権がいったん売掛先より「自分の会社(ファクタリングを依頼した会社)」に支払われること。
のちに「ファクタリング会社」へ支払う必要があります。

3社間ファクタリングの流れ

もうひとつの「ファクタリング」として「3社間」があります。
「3社間ファクタリング」は「自分の会社」「ファクタリング会社」「売掛先会社」の3つが絡むことに。

「ファクタリング会社」と契約を結んだら「売掛債権譲渡通知」を「売掛先会社」へおこなってください。
了解されれば「ファクタリング会社」は「自分の会社」へ送金をします。
「売掛先会社」による「ファクタリング会社」への期日支払いが条件です。

売掛先(取引先)が支払い口座変更に応じない場合もあるでしょう。
この場合は「ファクタリング専用口座」を開設してください。
そちらへ支払ってもらえばOKです。

期日がきて「専用口座」へ支払われたら、速やかに「ファクタリング会社口座」へスライドしてください。

「2社間」と「3社間」の違いとは?

ところで「2社間」と「3社間」は、お金のながれ以外に「大きなちがい」があります。
ご存知でしょうか?

それはズバリ「信用問題」です。

「2社間」で「ファクタリング」をおこなえば、取引先(売掛先)に「資金ショート」を気づかれずに済むでしょう。

しかし「3社間ファクタリング」で「売掛債権譲渡通知」を送付すれば、資金繰りの悪化を知られてしまいます。

経営困難な状況を知られると、取引縮小を申し出られるかもしれません。
場合によっては取引中止も……。

だれもが「得意先」「仕入先」両方に安全性を優先します。
「取引先」を失うのは怖いこと。
神経を使う必要があるのです。

「2社間ファクタリング」が多い理由は、ここにあります
ご理解いただけましたか?

「ファクタリング」をまとめましょう。

メリットは「早期の資金調達」。
デメリットは「売掛債権の目減り」。
取引先へ「ファクタリング」を知られると「信用低下問題」に発展します。
じゅうぶんに注意してください。

さっそく、オススメ「ファクタリング会社」を紹介しましょう。

おすすめのファクタリング業者BEST3

ファクタリング1位「資金調達プロ」

資金調達プロ公式サイト

「資金調達プロ」は株式会社セレスにより運営されるウェブサイト。
セレスは東証一部上場企業。
高い信用度をほこります。

「資金調達プロ」はさまざまな資金調達先を紹介するサイトです。
そのため、かならず「ファクタリング」とは限りません。

サイト紹介の資金調達方法を列記しましょう。

  • 公的融資制度
  • 金融機関からの借入
  • 個人投資家からの借入
  • ベンチャーキャピタルからの出資
  • 助成金・補助金
  • 事業者ローン
  • カードローン
  • 親族・知人からの借入
  • ファクタリング など

経営者のお悩みに応える力強い存在ですね。

資金調達プロで今すぐに資金調達してみる

ファクタリング2位「アクセルファクター」

アクセルファクター公式サイト

「アクセルファクター」は平成30年8月に設立した新しい存在。
少額債権に対応しており、中小企業にやさしい「ファクタリング会社」となります。

また最長6ヵ月の売掛金買取に対応。
支払いサイクルの長い売掛金も買い取ってもらえるのは助かりますね。
サイクルの長い業界(建設業・建築業)も安心でしょう。

アクセルファクターで無料査定してみる

ファクタリング3位「事業資金エージェント」

事業資金エージェント公式サイト

平成27年11月設立の「事業資金エージェント」。
「2社間ファクタリング」に特化した会社です。

手数料の安さに定評があり「振込まで最短3時間・手数料は1.5%~」をアピールポイントとしています。

スピーディな審査をもとめるなら「事業資金エージェント」を選んでください。

事業資金エージェントで相談してみる

7.クレジットカード現金化する

クレジットカード現金化

ラムオ
ラムオ

会社もクレジットカード現金化ってできるんですか?

ウルフさん
ウルフさん

ああ。むしろ、現金化業者は法人など大口の利用者を大歓迎しているぞ!

還元率も一般の利用者より大幅アップが見込めるぞ。

今すぐおすすめの現金化業者をチェックする >

「資金ショート解決策」に「クレジットカード現金化」は有効です。

少額対応と思うかもしれませんが、経営者だけでなく知人・親戚のクレジットカードを合わせると「かなりの額」に対応可能。
いかなるときも調達方法をあきらめないでください。

おすすめ「現金化業者」を紹介しましょう。

クレジットカード現金化について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【即日】クレジットカード現金化業者ランキングTOP5!大手の人気20社を比較
クレジットカード現金化業者の選び方って難しいですよね。それもそのはず、現金化業者は50社以上存在しているんです!中には悪徳業者が運営していることも…。そこで「マル得NAVI」では、本当にお得な業者を厳選してみました。自信を持っておすすめできる業者を1位から5位まで発表していきます!

おすすめのクレジットカード現金化業者BEST3

クレカ現金化業者1位「SPEED1」

SPEED1

「SPEED1」利用のメリットは4つ。

  • 最大換金率98.7%
  • 最短3分送金
  • 24時間365日いつでも受付
  • カード事故ゼロ

カンタンな手続きで申込めますよ。

SPEED1で今すぐ現金化してみる

クレカ現金化業者2位「どんなときも。クレジット」

どんなときも。クレジット

クレカ現金化で今話題の「どんなときも。クレジット」。
「カード事故0」「絶対安心」をアピールしています。

最大換金率98%以上で入金速度も最短5分で利便性が高く、サービスも手厚いと評判です。
正社員はもちろん派遣やパート・アルバイトでも申し込みが可能なため、誰でも安心して利用できます。

どんなときも。クレジットで高還元率で現金化してみる

クレカ現金化業者3位「おひさまクレジット」

おひさまクレジット

「おひさまクレジット」は「安全」で「スピーディー」をモットーにした現金化業者です。

スタッフの対応は親切丁寧で女性スタッフも在籍し、女性でも安心してお申込できます。

創業依頼カード事故もなく、悪徳業者のように換金率を振り込み直前で大幅に下げるようなことはありません。

おひさまクレジットで安全に現金化してみるhttps://inzg.xsrv.jp/trader/963/

8.約束手形を現金化する

約束手形を現金化する

「資金ショート」の解決策として「約束手形の現金化」があります。

「約束手形」とは約束の期日に支払いを約束するもの。
基本的には期日まで現金を入手できません。

しかし、銀行や手形割引業者を利用すれば早期の現金化が可能です。
どちらを利用したらよいのかは「ケースバイケース」。
「スピード」をとるか「割引金利の安さ」をとるかによりますね……。

ラムオ
ラムオ

現金がなくて、急いでいるなら、利用する価値は十分ありますね!

ウルフさん
ウルフさん

手形の現金化については以下の記事で詳しく解説しているぞ!

【至急】約束手形を現金化する方法は?当日にできる?期日前は?メリット・デメリットも
約束手形を受け取ったけど、今すぐ現金化したいという時はありませんか?手形は期日前でも現金化する方法があります。中には当日中に換金できる方法も。即日現金化できる方法の致命的なデメリットとは?

9.ビジネスローン

ビジネスローン

「ビジネスローン」は法人向け無担保ローンです(事業資金専用)。
銀行やノンバンク金融により提供されますが、近年は銀行の撤退傾向が目立ちます。

メリットは融資スピードの速さでしょう。
いっぽうデメリットは金利の高さとなります。

融資額は審査により決定。
「希望どおり」とはかぎりません。
銀行融資額より低めの設定となりますから、注意してください。

ラムオ
ラムオ

融資のスピードは早いけど、金利は高いんですね…。

ウルフさん
ウルフさん

融資金額もあまり期待できないのがデメリットだな。

10.不動産担保ローン

不動産担保ローン

「不動産」をお持ちなら「資金ショート解決」に利用したいもの。
「不動産担保ローン」を利用すれば、所有不動産を担保に融資を受けられます。

メリットは無担保ローンと比較して低金利に融資を受けられる点です。

デメリットは追加担保を要求される可能性でしょう。
なんらかの理由・事情により不動産価値が下がると、追加担保を要求されることに。
不動産は価値変動がある点を忘れてはなりません。

資金ショートを防ぐために必要な2つのこと

ウルフさん
ウルフさん

ここからは、資金ショートに陥ってしまう前に、回避する方法を解説するぞ。

ラムオ
ラムオ

対策があると言っても、防げるものは未然に防いだほうが良いですもんね!

「資金ショート」は「普段の行動」でかなりの部分を防げます。

この点に着目しましょう。

  1. 普段から信頼関係を構築していく
  2. 予兆を見逃さないようにする

1.普段から信頼関係を構築していく

前述しましたが、信頼関係の構築は商取引において重要です。
「銀行」や「取引先」との信頼関係で「たいていの問題」を解決できるのではないでしょうか?

「売掛金」「買掛金」の入出金タイミングをコントロールできれば、当面の「資金ショート」を回避できます。

「銀行融資」も融通がきけば助かるでしょう。

「資金ショート」の予防策や回避策として「ふだんからの信頼関係」はお互いに利が多いのでは?
コミュニケーションを密にしたいものですね。

2.予兆を見逃さないようにする

突然おこる「資金ショート」はほとんどありません。
予兆はかならずあるはず。
経営者が「キャッシュフロー(お金のながれ)」に目を光らせるのは当然でしょう。

営業現場の状況や取引先情報をつねに把握してください。

さらに資金管理の徹底が大切です。
「マンスリー」な資金管理では不足。
できれば「デイリー」に現金の量をつかんでください。

まとめ:資金ショートする前に…気になる変化には速やかに対処を!

まとめ

会社倒産に直結する「資金ショート」。
有効な対策が喫緊(きっきん)の課題となります。

気になる変化があれば、速やかに対策を講じてください。
漫然と放置したのでは経営者失格ですよ。

従業員の未来もかかっています。
予防策・解決策をしっかりと学習しましょう。

ウルフさん
ウルフさん

資金ショートしても、対策はあるから慌てずにな!

ラムオ
ラムオ

普段から予兆を見逃さないように、早め早めの予防も大事ですね!

もう一度、10の対策方法を確認してみる >

20枚以上調査してわかった!現金化業者ランキングTOP5

クレジットカードの現金化業者ってどれを選べばいいのかわからない!

そこで、「マル得NAVI」では、忙しいあなたに変わって現金化業者を徹底調査しました。

現金化業者20社以上の中から厳選し、自信を持っておすすめできる業者を1位から5位までランキングで発表します。

安全性、換金率、入金時間、営業時間などを比較し、あなたに最適な現金化業者がきっと見つかりますよ。

お金を作る
マル得NAVI
タイトルとURLをコピーしました